注目キーワード

Market Smith-MSTool-の使い方

のこと
Market SmithのMSToolは全て英語表示となっています。
ですので、この記事でMSToolの中身を日本語に翻訳したもので説明して行きたいと思います。
ご参考にしていただければ幸いです。

マーケットスミスの始め方

マーケットスミスの始め方はこちらの記事に詳しく書いてありますのでこちらをご覧ください。
3週間トライアルからマーケットスミスをスタートさせるまでをまとめた記事となっています。

Market Smithの登録方法


Market Smith MSTool 説明資料について

この記事では、Market Smithが提供しているPDF資料の中身を使いながら使い方を解説して行きたいと思います。
PDFはすべて英語で説明されていますので、私がDeepL翻訳で日本語に翻訳したもので説明していきます。では、よろしくお願いします。
使用するPDFこちら↓
「Mastering the Market POWERING YOUR PORTFOLIO WITH MARKETSMITH」

MSToolの使い方

チャートの概要

ログインすると、別ウインドウで表示される画面がこちらになります。

【チャートの概要】
MarketSmithは、日足、週足、月足、日中の株価チャートを提供。
ファンダメンタルとテクニカルデータ 特定のチャートを表示するには、
株式、投資信託、業界グループ、またはインデックスのシンボルを次のように入力します。


ストックアイデア

MarketSmithは、より良い投資アイデアを簡単に見つけることができます。
「株価情報」ボタンをクリックまたはタップしてください。

画面上部にある「ストックアイデア」をクリックすると、様々な情報が表示されます。
ここでは、Growth 250、IBD 50、Top Rated IPO’sなどのプレミアムリストや、
常に更新されるブレイクアウト・トゥデイやニア・ピボットなどのリストがあります。

さらに、銘柄をフィルタリングするスクリーンも用意されています。
また、MarketSmithの最新の市場分析や、プロダクトコーチが主催するウェビナーへのクイックリンクもあります。

【BATS リアルタイムのリファレンスデータ】
MarketSmithをご契約いただくと、BATSが提供するリアルタイムの価格データを無料でご利用できます。
この機能を利用するとBATSデータインジケータは緑色に点灯します。
この機能のオン・オフを切り替えるには、画面右上の設定メニューをクリックします。


ピボット

各ベースにPivotが表示されます。
ベースのピボットは、以前の抵抗線に相当します。
カップ(またはソーサー)ウィズハンドルの場合、それは、ハンドルのピーク価格に相当します。
ダブルボトムの場合、ピボットは真ん中の底値に相当します。
W字型のピーク カップ、フラットベース、コンソリデーション、IPOベースの場合、ピボットは左側のピークに対応します。
株価がこの抵抗レベルを上回ると、高値更新の準備が整う可能性があります。

パターンの認識

独自のパターン認識により、日足と週足の両方のチャートでベースパターンを表示します。
これはカップ・ウィズ・ハンドルやフラット・ベースなど、より一般的なパターンを識別するのに役立ちます。
オンにするにはチャート右上のパターン認識ボタンをクリックします。

【パターン認識の活用】

< ベースパターンのプロパティを見る >
パターン認識では、ホバーボックスにベースプロパティが表示され便利です。
ベースの品質を効果的に分析することができます。
ホバーボックスを表示するにはカーソルをベースパターン上に置く。

< ベースパターンタイプ >
使用可能なベースパターン
・カップ
・ハンドル付きカップ
・ソーサー
・ハンドル付きソーサー
・ダブルボトム
・フラットベース
・アセンディングベース
・コンソリデーション
・IPOベース

< ステージ >
株価の位置づけを基数の関係で知ることは重要です。
ステージは1から始まり、ベースパターンが続くごとに増加します。
3段目、4段目、あるいはそれ以降のベースを形成した銘柄は、形成が遅れ失敗する可能性が高くなります。
第1、第2ステージのベースからのブレイクアウトした銘柄は、一般に成功する確率が高い。

2つの基本パターン間の移動の大きさによって、ステージが数字で移動するか、それとも
アルファベット順 前の基点のピボットポイントから現在の基点の左側高値までの値動きが20%以上である場合
ステージ1からステージ2というように、ステージが1つ増えます。
値動きが20%未満の場合、ステージは1倍になります。
ステージは、ステージ1aからステージ1bのように、アルファベット順で増加します。

【COUNT】
ステージの右側の( )に表示されている数字がカウントです。
カウントは1から始まり、新しいベースパターンが増えるごとに数値が増加します。
最後のリセットからの基数のカウントである。
この時、パターン認識ソフトはベア(弱気)、ベア(弱気)を考慮しません。
強気相場の場合、基数をカウントする。
注:IPOベースは、ステージもカウントも表示されません。


アラートの管理

アラート
アラート機能により、一日中画面を見ることなく、あらゆる銘柄の情報を把握することができます。
この機能は、いくつかのタイプのアラートを設定することができます。
基本的な価格アラートは、株価があらかじめ設定された価格に達するとアラートが発動します。
現在の価格の上下にかかわらず、あなたが指定した価格が表示されます。

また、トレンドラインアラートも用意されています。
仮のラインペンでトレンドラインを引くことで、
Market Smithのツールは、株価がそのトレンドを破ったときに警告します。
このアラートは、株価がトレンドから外れるまで伸び、株価を「追いかける」ので後で調整する心配がありません。

最後に、パターン認識アルゴリズムを使ってアラートを設定することができます。
銘柄がベースから外れた場合、アラートを設定することができます。
ピボットの価格に基づいてトリガーされます。

アラートはEメールで送信することができ、Market Smithを開いているかどうかに関わらず作動します。


チャートの凡例

日足、週足、月足チャートの各構成要素の定義とパターン認識を確認できます。
株価チャートの左下にあるチャート凡例にアクセスするか、チャート凡例を選択することで、株価チャートを見ることができます。
チャートツールボタンのドロップダウンメニューから選択します。
株価チャートの読み方について、より詳しい情報を得ることができます。

日本語化することで、英文がすべて理解できなくても理解することができます。

英語⇒日本語に変更する
ウェブブラウザには、英語サイトを日本語に翻訳出来ます。
変換した日本語がちょっと変ですが、そこは目をつぶります。
例)chrome
アドレスバー右箇所の所に、ボタンがありますので日本語に変えます。


関連情報パネル

各チャートの右側にあるスライド式のパネルに、各銘柄、ファンド、インデックスの関連情報が表示されます。
開くをクリックすると、その銘柄の機関投資家保有率、業種、株式数などの詳細な情報が表示されます。(セクター、ニュース、オプションデータ )

MarketSmithは、あなたの銘柄がどのように評価されるかを見る為のチェックリストも提供しています。
ウィリアム・J・オニール、ウォーレン・バフェット、ピーター・リンチなどの伝説的な投資家の取引戦略を参考にしています。


リストパネル概要

Market Smith List Panelは、お客様の投資リサーチを整理・管理するためのエリアです。
新規作成、保存したリストを閲覧したり、MarketSmithコミュニティでリストを共有することができます。

また、MarketSmith 独自のレポートとマーケット/197産業グループフォルダにあるプリセットリストを使用して、
新しい銘柄のアイデアを生み出すことができます。


リスト作成

革新的なリストデザインにより、リサーチをしながらアイデアを収集し、整理することができます。

新しいリストを作成するには、リストマネージャーで「新規作成」ボタンをクリックします。
マイリストの一番下に新しいリストが表示されます。
クリックし、新しいリストの名前を入力します。
リストマネージャの他のリストから株式、ファンド、業界グループの単列または複数行をドラッグすることで、このようなことができます。


表示のカスタマイズ

リストの管理機能により、リストに表示される情報を継続的にカスタマイズすることができます。
250以上のデータから選択が可能です。


Market Smith Reports

レポート
Market Smith Reportsは、O’Neil Database®に対してプリセットスクリーニングを行い、銘柄に特化したリストを作成します。
投資信託、産業別グループ これらのリストから、特定の銘柄やファンドをフィルタリングすることができます。


Market Smith グロース 250 レポート

Market Smith Growth Reportは、
ウィリアム・オニール+のポートフォリオ・マネジャーが作成したプレミアム・レポートです。
この週刊リストは、非常に複雑なスクリーニング・プロセスによって作成され、今後大きく発展する可能性のある銘柄を特定します。

このツールは、当社のデータベースを事前にスキャンし、お客様の調査時間を短縮するために設計されました。
週ごとに最適な銘柄を提供します。
リストは100~300の間で変動します。
市場動向により異なりますが、通常250件程度を予定しています。


Market Smith Growth 250レポートとパターン認識について
Growth 250レポートとPattern Recognitionを組み合わせることで、現在株価が上昇している銘柄を見ることができます。
毎日、ベースを構築したり、ベースをブレイクアウトしています。

Growth 250の下階層には、Breaking 250のようなサブフォルダがあります。
パターン認識アルゴリズムに関連する「今日のアウト」と「ニア・ピボット」などがあります。

アラート機能で、本日のブレイクアウト銘柄をリアルタイムで確認することができます。

また、Growth250レポートには、以下の方法でアクセスすることができます。
右上にある「ストック・アイディア」ボタンをクリックしてアクセスする。

<Pattern Recognition サブフォルダの説明>
①本日ブレイクアウトしている全銘柄リスト
②Recent Breakoutsは、過去15日間にブレイクアウトした銘柄リスト
③ピボット近辺の銘柄リスト
(このレベルの抵抗は、多くの場合、ブレイクアウトの準備が整っています。)
④タイトエリアは、タイトエリアを示す銘柄リスト(エントリーポイント)
⑤Power from Pivot は、15日以内に20%以上値上がりした銘柄リスト
(3週間)のピボットポイント


197 Industry Groups

197の業種グループ
Market Smithには197の業種グループがあります。
業種別に分類された専門グループです。
業種別グループは、現在のランキングでソートすることができ、最もパフォーマンスの高い銘柄を見つけるのに役立ちます。

業種グループを選択すると、その業種に属する銘柄が「業種グループ」に表示されます。
右の関連情報パネル 関連情報パネルから「人気銘柄」ボタンを選択すると、「人気銘柄」が表示されます。
グループ内の上位5銘柄のリストとRS、EPSレーティングが表示されます。業種別グループも
ストックアイディア “ボタンからアクセスできます。


スクリーン・アラート・ノート

スクリーン、アラート、メモを使用すると、データベースをフィルタリングして銘柄のアイデアを得ることができます。
その他に、価格アラートを設定したり、調査を行うこともできます。
また、他のMarketSmith会員と投資に関する議論や共有ができます。
表示中のチャートに関連する日記を書いたり、他のMarketSmithメンバーの意見を参考にしたりできます。

また、このパネルでは、あなたの銘柄リスト、チャート、分析結果をMarketSmithコミュニティーのメンバーと共有することもできます。


スクリーナー概要

Market Smith Screenerは、10,000以上の株式とファンドのデータベースからフィルタリングを行い、
特定の条件を満たすものを見つけることができます。

また、シンプルなフィルターを作成することで、市場の動きを素早く確認することができます。
複雑なフィルターを作成すれば、潜在的な投資候補を見出すことも可能です。

また、Market Smithが四半期ごとに発行している「ストックガイド」はカスタムスクリーニングです。


「Mastering the Market POWERING YOUR PORTFOLIO WITH MARKETSMITH」というPDFを使用しての基本的な使い方の説明でした。
日本語でおかしい所がありましたらお許し下さい。

次回はこの記事を元にもう少し詳しい記事作成をしたいと考えています。
内容は各項目毎に、実際の画像ありでより詳しい内容の記事といったところでしょうか。
サラリーマン投資家で自由な時間が少ないので記事のUPまでお時間を頂きます。

最後に一言
私は普段マーケットスミスをスマホアプリやタブレットアプリで使用している機会が多いです。
TwitterやInvesting.comのアプリ見るのと同じ感覚で普段使いし始めています。
使い心地も悪くないといったところでしょうか。
登録した銘柄を、スワイプでサクサクとチェック出来るのには少し驚きました。
家のパソコンじゃないとマーケットスミスできないって思っていた私としてはうれしい誤算でした。
スマホ版とタブレット版の説明記事も作りたいと思います。

最後まで見て頂きありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!