注目キーワード

のことの投資信託との付き合い方

こんにちは、のことです。

のこと
この記事は、のことがしている投資信託との
付き合い方について説明していきます。

ちょっとお話します。

私は、ハイリスク商品に手を出す事を出来るだけしないで、預金や定期預金に預けるよりも多いリターンを稼ぐ方法が無いか?
また、めんどくさがり屋の私は、出来れば少ないリスクで余り動かずに定期預金より高いリターンを得られないかという考えで行動しています。

定期預金だとお金が増えないって事で、急に危険なハイリスク商品を買って損失を出したら笑えないですよね。

私は、投資信託メインで投資してることにちょっと負い目を感じることがあります。
投資信託ってつみたてNISAなどを始める初心者の方が買うイメージがあるからなんだと思います。

コスト・投資対象・ベンチマーク・ファンドなどしっかりとした投資信託商品を買うことが出来ていれば
自分は初心者じゃないって思っているけど、思っているのは自分だけじゃないのか。

米国株をバリバリ売買している人見ると、すごい!憧れる!という感情があります。

SNS上では、国内外の個別株・暗号資産・FX・先物・オプション取引・CFDなどで稼げている人がゴロゴロいますね。
これからFIREしたい人にとってはこの世界に投資して大きく資産を増やしていこうという野心家が多いでしょう。

私の場合、真似して勝てるとは思いません。
だって私は凡人で時間が無いサラリーマンですもの。
仮に、仕事辞めて毎日が自由時間になって取り組んでも同じリターン得られないでしょう。
過信は禁物。
手を出したくない商品には手を出さない。
興味本位で買って含み損が膨らんで精神に支障が出たら良くないです。
リスクの高いものは多く持たず決めた割合で保有するのが心地よい。

どこにどれだけ投資するのかを管理できる事が大事だと考えています。

のこととはこんな考えで日々行動しています。
共感してくれる方が1人でもいればいいなぁ。

では話を戻します。


のことの投資信託との付き合い方



・家族(妻・子供)に負担の掛からない商品を買付する。

・今後成長が期待出来る割安な投資信託商品を早期に買付する。

・余剰資金で一括買付する。


・10年以上の長期運用する。


・お金が増える実感を感じられる運用をする。


・短期でポートフォリオを決めず、長期でポートフォリオを組んでいく。
・定年後は、少しずつ取り崩しながら運用は継続させる。


・家族(妻・子供)に負担の掛からない商品を買付する。

これは、投資をしている自分だけでなく家族のことを考えた内容です。
私は、ネット証券も開設出来て取引も全部ネットで出来ます。
ですが、妻はスマホは使いますが日常的にパソコンで証券会社の取引作業などしていません。
仮に私が色々投資商品に手を付けていたら残された妻が相続する時に大変かもしれない。
海外株式や自動売買する様なシステムは、相続する時のことを考えたら少な目がいいのかなって感じています。
投資で稼ぐことだけ考えるのでは無く、その先の事も考えた上で行動する。
年代・家族の有無・資産額・自分の健康状態に合った運用がその時その時で求められると考えています。

夫婦でネット証券開設してつみたてNISAなどされているご家庭ならその点安心なのかなと思います。


・今後成長が期待出来る割安な投資信託商品を早期に買付する。

個別株では難しい分析をしないと出来ないことがインデックス型の投資商品なら出来る可能性があります。
右肩上がりの指数に連動している商品を買付していれば今が買いになります。
入れられるだけ入金する事で、リターンを最大化出来ます。


・余剰資金で一括買付する。

お金が500万円や1000万円あるのに長期間積立するのは機会損失についても理解しておく必要がある。
私も怖いので1回で1000万円買付なんてしません。2か月~3か月で1000万円買付していくでしょう。
最近では、全米株式の投資信託商品を2か月掛けて500万円買付しています。


・10年以上の長期運用する。

複利の恩恵を受けるには、10年以上の長期運用をする必要がある。
そのことから運用する期間は必然的に長期運用となる。
短期間で、利確(利益確定)したいと思う気持ちをグッとこらえてひたすらホールドします。


・お金が増える実感を感じられる運用をする。

自分の稼いだお金を運用するなら増えていく実感がより強い方が続けていてうれしいと感じられる。
どうしたらいいかの答えは、インデックス指数に連動した割安商品を積立では無くまとまったお金で一括投資する。

2021年9月に3,000,000 口保有する事となったSBI・V・全米株式を例でお話すれば、
取得単価10,085円で10,343円に基準価額が上昇した際は、含み益が77,400円でした。
最初からこれだけ含み益が出ているとお金が増えている実感もあります。
積立には無い感覚だと私は思っています。


・短期でポートフォリオを決めず、長期でポートフォリオを組んでいく。

ポートフォリオを先に決めて、その割合ごとに投資商品を購入するといいという情報があります。
例)
ポートフォリオ(外国株式60% 国内株式40%)
実際に買付する投資信託商品の例
eMAXIS Slim米国株式(S&P500)60%
eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)40%
この方法も正解だと思います。

ですが、今回紹介するポートフォリオの決め方は下記のようになります。
①割安商品を先行で買付する
今後成長が期待出来る割安商品を買付することを優先します。

②数年かけてポートフォリオ組んでいく
例)
2021年に国内株式の割安商品を2,000,000口
2022年に米国株式の割安商品を2,000,000口
2023年に全世界株式の割安商品を2,000,000口
数年単位で世界分散を意識した買付を行います。

③どこかの投資対象に偏りすぎていないかチェックする。
分散投資を意識して投資していきます。
リターンが高いからという理由で米国株式だけ買うなど無いように心がける。


・定年後は、少しずつ取り崩しながら運用は継続させる。

60歳定年までほったらかし運用を行った後は、少しずつ取り崩して生活費に充てていく。
運用は投資信託商品から取り崩すお金が無くなるまで継続させる。
厚生年金・国民年金・個人年金iDeCo・確定拠出型年金・つみたてNISAなどだけでは足りない時
に運用で貯まったお金を使います。


これまで投資を振り返ってみて思う事

・余剰資金が少なくても少額から積立買付を始めるべき。

普通預金や定期預金だけの人は、まずは積立投資をした方がいい。
私のスタートは地銀で投資信託商品買ってしまうというダメなスタートを切ってしまった。
だけどこの記事を書くまで成長してきました。
100円でも投資する事は、していない人にとって大きな1歩となる。

・積立買付する時は、機会損失の事も気にする。

100万円単位の余剰資金が無い段階では積立投資をする事は、とても意味のある行動だと思います。
ですが、数年間積立投資をしている人で余剰資金が貯まって来たらそろそろ100万円単位の一括買付をしてみてもいいかもしれません。
生活資金以外の余剰資金があるのに積立だけだと機会損失が発生し、得られていたリターンが得られないという事になります。
その事を知った上で積立だけでいくのか、一括買付も混ぜていくのか決めていきましょう。

・皆が今買付している商品が割安な商品とは限らない。

初心者だとランキング上位の今人気のある商品を買いたくなると思います。
間違いではありません。
ですが、限られた資金の中で多くの口数を入手しようと思うと今回紹介する方法に辿り着きました。


私の出した1つの答えです。
参考にして頂き、一緒に投資の含み益を増やしていきましょう。


私の運用実施例公開

今、運用中の投資信託商品は2021年10月現在 3本です。
(積立買付では無く、まとまった資金で一括購入した商品)

1、ニッセイ外国株式インデックスファンド
2018年12月より運用
保有口数 2,854,935 口
保有割合 36.9%
取得単価 13,712 14,600 (2回買付有)
基準価額 24,234
評価損益 +2,821,484
2,eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)
2018年12月より運用
保有口数 1,874,941 口
保有割合 24.3%
取得単価 10,668
基準価額 14,828
評価損益 +779,975
3,SBI・V・全米株式インデックス・ファンド(愛称:SBI・V・全米株式)
2021年9月より運用
保有口数 3,000,000 口
保有割合 38.8%
取得単価 10,085
基準価額 10,343
評価損益 +77,400

合計保有口数 7,729,876 口
評価損益 +3,678,859

SBI・V・全米株式が今月加わったことで商品別の保有割合は、下記図のようになりました。
外国株式に76%投資していますね。
国内株式は24%投資に下がりました。
私もリターンを得たいので自然と外国株式に投資する割合が増していますね。
国内株式は、今後も20%~30%は保有して投資対象を分散したいとは思っています。


のことがしている投資信託との付き合い方について説明しました。

これからも投資信託商品をお得に買付して楽しく投資出来るようにを心がけて行きます。
最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 投資ブログ 分散投資へ
にほんブログ村 投資ブログ 投資の豆知識へ
最新情報をチェックしよう!