注目キーワード

アクティブファンドとインデックスファンド

こんにちは、のことです。

この記事でアクティブファンドとインデックスファンドについて解説しています。
投資を始めようと思っている人はチェックして行って下さい。


アクティブ型とインデックス型の違い

項目 アクティブ型 インデックス型
運輸方法 指数を上回る運用成果を目指す 指数と連動した値動きを目指す
ファンド毎の運用成績 商品による差が大きい 同じ指数に連動するものなら
運用成績にあまり差がでない
コスト(信託報酬) 高い 低い

アクティブファンドとは

アクティブ型のファンドが アクティブファンド と呼ばれています。
アクティブ型は、指数を上回る値動きを目指しています。
指数を上回るためファンドマネージャーが投資対象を厳選し、売買するタイミングを見計らう必要があるので、コストが高くなっています。

アクティブ型 のポイント

1、コストが高い

2、指数を上回り続けるファンド選びが難しい

3、ファンドの生存率が低いので10年以上の長期運用には向かない
これまで運用成績が良いアクティブファンド でも、今後も同様の成績を上げ続けるとは限りません。

アクティブ型の運用は、長期にわたって指数を上回り続けるのは厳しいのが現状です。

インデックスファンドとは

インデックス型(パッシブ型) のファンドが インデックスファンド と呼ばれています。

インデックス型は、指数と連動した値動きを目指しています。

組み入れ銘柄の選定や、分析などの必要がなく手間がかからないという理由でコストが低く設定されています。

インデックス型 のポイント

1、コストが低い

2、買付するファンドが選びやすい

3、ファンドの生存率が長いので10年以上の長期運用に向いている
インデックス型は、指数の構成銘柄に自動的に投資しています。

そのため、指数が上がれば同じように上がり、下がるときも同様です。

値動きがわかりやすいのが特徴です。

いかがだったでしょうか。
アクティブファンドとインデックスファンドという内容でした。


 

アクティブ型 のポイント

1、コストが高い

2、指数を上回り続けるファンド選びが難しい

3、ファンドの生存率が低いので10年以上の長期運用には向かない
インデックス型 のポイント

1、コストが低い

2、買付するファンドが選びやすい

3、ファンドの生存率が長いので10年以上の長期運用に向いている
アクティブ型のファンドで運用する前に、インデックス型のファンドで運用をスタートさせた方が良さそうですね。

投資信託が気になる方は、下記の記事も見ていって下さい。


 

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 投資ブログ 分散投資へ
にほんブログ村 投資ブログ 投資の豆知識へ
最新情報をチェックしよう!