注目キーワード

投資信託3つのコスト

こんにちは、のことです。

リスク資産の運用を始めるなら投資信託がおすすめですが、
投資信託を買う時・保有中・売る時にコストがかかります。

この記事で投資信託のコストについて解説していますので、
投資を始めようと思っている人はチェックして行って下さい。

投資信託3つのコスト

1、買う時 販売手数料

2、保有中 信託報酬(管理運用費用)

3、売る時 信託財産留保額

それぞれのコストについて解説していきます。


1、買う時 販売手数料

購入時の0%~3%程度

投資信託の商品購入時に販売会社に支払うものを販売手数料といいます。

中身が同じ投資信託商品でも、販売会社が違えば販売手数料が異なる事があります。


最近では、ノーロード商品などが出てきて販売手数料の無い商品が主流となってきています。

今から投資信託を購入しようと考えている方は、ノーロード商品を買うようにしましょう。

2、保有中 信託報酬(管理運用費用)

ファンド資産全体の0.05%~2.5%程度

ファンドの運用・管理にかかる費用です。

ファンドの資産に対して年〇%という形でかかります。

それを日割りした額がファンドの資産から毎日差し引かれています。


0に出来ない手数料なので、少しでも安い手数料の商品を選んでいきたいところです。

3、売る時 信託財産留保額

解約時の0%~0.5%程度

中途解約する際、保有している資産を換金するためにかかる手数料です。

ファンドの資産の中に残されることになります。


最近では、信託財産留保額もない商品が増えてきています。

買うときと売るときは手数料を取られない投資信託を購入するようにしたいですね。

いかがだったでしょうか。
投資信託3つのコストという内容でした。

1、買う時 販売手数料

2、保有中 信託報酬(管理運用費用)

3、売る時 信託財産留保額

コストが高い商品は、リターンを押し下げる要因になりますので、
低コストの商品を選ぶことがとても重要になってきます。

商品を購入する際は、保有中のコストがどれくらいかかるか必ずチェックして投資していきましょう。

1年経過した投資信託商品は、運用会社のHPに運用報告書がアップされます。

運用報告書の中に「1万口当たりの費用明細」という情報があります。

ここで隠れコストをチェックできますので知っておいて下さい。

投資信託が気になる方は、下記の記事も見ていって下さい。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 投資ブログ 分散投資へ
にほんブログ村 投資ブログ 投資の豆知識へ
最新情報をチェックしよう!